兵庫県を登る

2013年2月16日 (土)

大師山

同僚たちが町湯に繰り出す中、

21

ひとり、大師山へ。

22

片道切符を買おうとすると、「もう日が暮れるから、往復を・・・」と、言われてしまった。
ヘッデン見せて片道購入。

23

24

25

奥之院。

26

27

29

30

この後、宴。

玄武洞

名所が乏しくて、つい城崎温泉とセットになりがち、と、バスガイド。

10_2

おお、自然の脅威的造形!と思ったら、かつての石切り場。

11

何気に、青龍洞がいい感じ。

12

出石城

恒例の職場旅行で城崎温泉へ。
途中で立ち寄った出石町。

本当は100名城の竹田城のはずが、冬季閉鎖のため予定変更。
それにしても、知らねーな、出石城。

02_5

03_4

有子山に登る暇なんぞあるはずもなく。

05_3

一方、城下町は一大観光地になっててびっくり。

01_5

06_3

07_4

Map

2012年2月 5日 (日)

六甲山(ろっこうさん) 931.3m

慰安旅行二日目。
今年も、二日目完全フリー行動の放任ツアー。

なんで、普通に南京街観光なぞせず、
昨年同様、周囲の冷たい目線を他所に、
ご当地山登りと洒落込み、昨夜行った摩耶山を目指す。

早朝に宿を発ち、ケーブルカー・ロープウェイを利用すれば、
昼食までに戻れるはず。

で、阪急神戸線に乗り込む。

寝ぼけていたのか、六甲駅で下車。
駅でタクシーを拾い、「ケーブル駅まで」と告げる。
タクシーを降りて気がついた。

「あれ?ここ、摩耶ケーブル駅じゃないじゃん」

間違えた。しかし、タクシーは既に去ってしまっていた。

00_2

仕方がない、ケーブル終点からバスで摩耶山へ行けたはず。

とりあえず、片道切符を購入し、ケーブルカーに乗り込む。

01_4

六甲山上駅。

02_4

バスの時刻表を見てびっくり。まやビューラインは、まさかの運休。

03_3

期せずして、六甲ケーブルに乗り込んでしまったけど、
摩耶山に向かわなくてよかったわ。
なんというラッキー。

ここまで来てしまったからには、
もう、六甲山目指すほかないでしょう。

スキー場へ向かう家族連れで込み合うバスに揺られ、
六甲山頂駅下車。

04_3

六甲山自然歩道を東へ。

05_3

06

07

08

山頂到着。

09

三角点に気づかずに引き返してしまったけど、
かろうじて、写真に写っていましたよ。

10

足早に、往路を引き返す。なんとか、昼飯の乾杯に間に合った。

2012年2月 4日 (土)

摩耶山(まやさん) 702m

職場の慰安旅行で神戸へ。

00

宴会後の無料オプショナルで、あの夜景の名所へ。
山頂へは観光バスで。

噂に違わず、カポー達のサンクチュアリ。

01_3

02_3

ブラックライトで、

03_2

地面に埋め込まれた畜光石が発光する仕組みのようですな。

04_2

三角点まで足を延ばしたかったけど、団体行動のため叶わず。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック