御嵩町を登る

2014年11月 8日 (土)

舳五山(へごやま)

御嵩町全図。

20

三等三角点「上ノ郷(かみのごう)」は「へご山」らしい。

21

山頂まで中切林道が通っている。

27

確かにヘゴ山。

25

山頂付近の真新しい消防無線基地局。

26

24

三角点。

23

22

茸山注意。

中山道往来(なかせんどううぉーく)

細久手<>御嵩の無料シャトルバスが出ると聞いて。

庚申堂。

02

03

04

秋葉坂三尊石窟。

05

秋葉神社。

12

鴨之巣(こうのす)一里塚。

06

13

あの浮世絵で有名な「木賃宿」。

07

特別に内部公開。

08

昭和50年頃まで避暑用の別荘にしていた、と、オーナーのマダム。
このまま朽ち果てていく運命だとか。なんだか切ない。

近年に復元された謡坂(うとうざか)の石畳。

14

09

10

ゴール。

11

Log

2011年4月 7日 (木)

御嵩富士(みたけふじ) 292.27m

昨日取りこぼした御嵩富士(高尾峯)へ。
本陣山からの眺めで、山腹に道が走っていることはわかっている。
国道21号線旧道。御嵩小学校の北の愚渓寺。

0

竜安寺の石庭のルーツはここなのか。
二重塔。

1

北側の墓地の脇から作業道。

2

左手に溜池を見ながら、

3

4

道は山の南を巻いて、

5

終点。

6

権現山城址。

7

本陣山城址。

8

戻り、道が右に曲がる手前から、左手の尾根へ。

10

漂着した風船?

11

道は割りとはっきりしている。ピンクのリボンを辿れば迷わない。

12

尾根を南下。

13

山頂の秋葉神社。

14

西に開けている。鳩吹山方面。

15

山頂の南に、顔戸山にもあった東鑛の三角点。

16

ピストンで戻る。

2011年4月 6日 (水)

八王子山(はちおうじやま) 290.4m

顔戸山を過ぎ、コルへ下ったとたんに道が薄くなる。
つか、道らしい道はなくなる。
よく探せば、あるかもしれない。しかし、目の前の斜面の上が八王子山だ。
藪を掻き分け、突進。意外と登りにくくはない。
八王子神社に出た。

8_2

このまま尾根を北上。

9

三角点。

10 

八王子神社から西に下る。

11

日吉神社の東に出た。道には橋が架けてある。

12

13

車道を歩き、スタート地点に戻る。

14

八王子山を振り向く。

小原城址(おばらじょう) 299m

御嵩町小原。

6_3

道路沿いの鳥居。

0_4

急な階段の先に、白山神社。

1_4

登城道は失われてるので、神社の裏から尾根を北上。

2_4

コルを過ぎ、山頂にTVアンテナ。

7_3

さらに西へ進み、最高所に動燃の柱石。

3_4

北側の二段下がった曲輪。

4_4

5_4

城跡だけに、山頂の平坦地はそこそこ広い。
藪が茂ってるが、周辺の曲輪もよくわかる。
ピストンで戻る。

顔戸山(ごうどやま) 約250m

顔戸保育園東の八幡神社の鳥居。

0_6

その奥の天満神社。

1_6

そのまた奥の八幡神社。

2_6

その裏の広い尾根を北上。

3_5

次第に道が細くなり、道の脇に東京鑛山監督局の三角点。

4_5

その先に顔戸山の標柱。

6_4

道はさらに北に・・・。

7_4

丸山(まるやま) 約160m

可児川を挟んで、権現山の北東。
最近、植樹したとかで、まだ寂しい山肌。

0_3

国道21号沿いにある鳥居が登山口だ。

1_3

野性味溢れる登山道。

2_3

一気に高度を上げる。

3_3

山頂の稲荷神社。

4_3

山頂からの眺め。本陣山(奥)の権現山(左)。

5_3

山頂の配水池っぽい施設。

6_2

帰路は東側のルートを下り、周回コースとした。

7_2

本陣山(ほんじんやま) 241m

何気に、ふと、御嵩町の存在を思い出した。
とても近いのに、自分の中で存在がマイナー過ぎて、
その存在を忘れていた。
天気もいいので、御嵩を登りつくしますよ。
で、市街地のどこからでも目に付く城址公園。

0

本陣山城(御嵩城の一部)があったとか。

激しく開発が進んだ山頂。

1

2

展望台からはなかなかの眺望。わずかに御嶽。

3

西の方。

4 

目の前に御嵩富士(高尾峯)。

6

八王子山と兼山城。

8

縄張図。

7

遺構を確認する気もおこらない。

権現山(ごんげんやま) 188m

御嵩城のもうひとつの一部。権現山城。金峰ふれあいの森。

0_2

1_2

曲輪っぽい。

3_2

本丸跡の金峰神社。

2_2

通行禁止のあじさい橋。

4_2

本陣山を見上げる。

5_2

神社なのが幸いしてか、開発から逃れ、城跡の雰囲気がよく残っているね。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック