豊田市を登る

2015年11月30日 (月)

筈ヶ岳(はずがだけ)

寧比曽岳からひたすら下る。

20

34

33

21

右から広い作業道。

22

23

ひたすら自然歩道を。

24

防火線を歩く。

25

登り返す。

26

車が走ってきて興醒め。

27

28

三等三角点「八ツ岳」

29

30

嫁が魔法瓶を失くしたことに気づく。多分、寧比曽岳の東屋だな。

31

復路はアップダウンのない作業路で。

32

Ylog

寧比曽岳の東屋でランチ。

36

35

中嶋悟って、俺ら世代か。

37

件の魔法瓶は見つからず。

12

奇跡的に写真に写り込んでいたけれど。

2015年11月29日 (日)

寧比曽岳(ねびそだけ)

大多賀峠から東海自然歩道で、嫁と。

01

亀の甲岩。

02

東海自然歩道名物、階段地獄。

03

04

山頂間近。

05

山頂の東屋。

11

富士山見えてテンション上がる。

06

南がずらり。

07

ようやく雪化粧の恵那山。

08

御嶽山と樹間に乗鞍とか。

09

豊田方面。

10

三等三角点「大多賀III」。

13

Log

このまま筈ヶ岳へ。

2015年11月23日 (月)

小原四季桜まつり

紅葉が不作すぎるので、桜でも。

ここも無料バスに乗れる素敵なイベント。北部生活改善センターの無料Pに駐車。

00_2

すっかり散ってる天然記念物、前洞の四季桜。

01_2

05_2

もう一台のボンネットバスのナンバーは「豊田あ・・・1」

03_2

41年製の富士重工だけど、

02_2

ヘッドマークは「いすず」。

04_2

市場城跡。

06_2

07_2

08

見どころは薬師寺周辺かな。

12

09

10

11

こんなコンディションでも11月30日まで絶賛開催中。

Map_2

2015年8月23日 (日)

武節城(ぶせつじょう)

どんぐりの湯から否が応にも目立つ看板。

01_2

見渡せば、周辺は既に削平地の曲輪だらけ。

02_2

空堀。

03_2

階段状につづく削平地。

04_2

本丸跡。

05_2

最高所の八幡神社。

06_2

直下は城山トンネル。

07_2

詳細は「愛知の山城ベスト50を歩く」26武節城を読むべし。

中当城ヶ山(なかとうじょうがさん)

夏焼の南、中当にある城ヶ山。

国道257号から蔵元線に入り、

00

ゲートを開いて、林道大林線へ。

01

舗装路の終点に、

02

登山口。

03

田口高校われらの山50

04

しばらくは薄くプリミティブな道でアドレナリンが出る。

05

しだいに明瞭に。

06

巨石ゴロゴロ。

07

山頂。

08

山頂を含めて、周辺は至る所が削平地っぽい感じで縄張りっぽい感じ。

09

43番鉄塔。

10

11

林道横川入線に下る。少し東へ行くと面ノ木風力発電所が見えた。

12

林道はこの有り様。

14

Nakatolog

夏焼城ヶ山(なつやけじょうがさん)

夏が終わる前になんとなく。

夏焼(地名)の城ヶ山。夏焼ルートから。
登山道は扉の向こう。

01

04

山乃神。

02

役行者。

03

尾根に乗ると道は急に。
物見岩を通り過ぎ、しばらくで山頂。

05

二等三角点「稲橋」。

06

広い山頂。かつては防空監視哨だった?

07

まあ、詳しくはこちらで。

08

残念ながら空っぽ。

09

Natsuyakelog

おっと、最高地点は東隣だったな。

2014年5月17日 (土)

松平城址(まつだいらじょう)

松平家発祥地を歴女と歩く。

東照宮Pからスタート。

02

03

東照宮。

05

あのモチーフ。

04

高月院。

08

お墓。

06

樹齢はいったい・・・。

07

在原家のお墓(在原山(ありわらやま))へ。

09

10

寅廻りの道を歩かず、車で城跡へ。

15

12

13

14

普通なら、ここで六所山くらい寄るとこだけど、次の目的地へ。

Log

【参考】三河・遠州のスーパー低山ハイキング(風媒社2002年刊)

2013年10月26日 (土)

高根山(たかねやま)

天狗岩から分岐まで戻り、ちょっと北上して、隣の北東尾根へ。

07_2

01_2

三叉を東へ。

03_2

旧めぐみの森の旧称。

02_2

19_2

なぜかネットが。

18_2

山頂。

05_2

04_2

戻り、さっきの三叉を北へ。

03_2

擬木の階段。

06_2

展望台。

07_3

立入禁止。

08_2

隣の三国山、笠置、屏風ほか。

09_2

10_2

施設閉鎖から2年。道が一部消えかけている。

11_2

まだ真新しい表示が空しい。

12_2

13_2

東屋を抜けて、

14_2

ウォーキングコース入口。

15_2

旧やまびこ山荘。

16_2

舗装路を歩いて北戸越峠へ。

17_2

Orihira_2

折平山(おりだいらやま)

台風接近で週末の天気は絶望的。
のはずが、晴れてしまったので出かけてみた。

豊田市(西市野々町)と瀬戸(北白坂町)を結ぶ、北戸越峠。

01

02

コースは東大演習林の外周なので、コンプライアンス的にOK。

03

尾根は台風の風がハンパない。

04

東大w。

06

右へ。

07

08

宮標石。

09

10

29番鉄塔方面へ。

14

山頂。

13

三等三角点「折平(おりだいら)」

11

12

戻り、北隣りのピークのちょっと手前(南)から東の尾根へ。

16

開けてきた、と思ったら、

17

見覚えのある天狗。

21

20

豊田市街方面。

19

Orihira

折平山(左下)・天狗岩(右下、551P東)。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック