春日井市を登る

2014年5月25日 (日)

弥勒山(みろくやま)

久々に、嫁と。

01

02

03

04

05

06

09

07

08

尾根へ。

10

14

11

13

12

三角点。

15

16

17

車道に。

18

植物園を経由して。

19

21

20


Log

岐阜県側の古めの文献見てると、弥勒山の記述を見ることはなく、
道樹山と呼ばれてることが多い気がする。

所謂「愛岐三山」の総称は元々は道樹山で、
東屋があって、眺望の良い三角点のある最高点の方が
メジャーになったのは、意外に近年になってからかも。
と勝手に思っている。

道樹山の方が宗教的になにかと賑やかだし、
弥勒菩薩が祀られていなければ、弥勒山とは呼べないし。

2011年4月17日 (日)

内津山(うつつやま) 322.8m

以前に、内津神社から弥勒山へ行ったとき、ここの脇を通過したのだが、
当時、展望台が改装?作業中で寄ってない。
その時のフォローということで。

国道19号線から東海自然歩道を単車で行けるところまで。

0

DoCoMo東海、内津無線中継所。

1

2

脇の東海自然歩道を進む。

3 

階段の先に内津展望台。

5_2

展望台の横に四等三角点「北山」。

6

展望台の中。

8

7

展望はこれくらい。

9

10

2011年3月21日 (月)

高森山(たかもりやま) 206.1m

西高森山の「本家」が判明したので行ってみた。
そこは高蔵寺ニュータウンの高森山公園の中にあった。
昨日、展望台から眺めた、あの南側の山だった。

0_4

公園の北にある駐車場から貯水タンクへ。

1_2

タンクの西へ行ってみる。

2_2

ニュータウン竣工記念碑があった。

3_2

引き返し、東屋のある広場に、

4_2

登山口発見。

6_3

あっという間に、

7_2

頂上のケルン。

8_3

頂上へは、東と南側からも道が続いていた。東へ降りると、

9_3

10_3

11_3

テニスコートの南側へ出た。南側ルートを探す。

12_2

13_2

高森台こどもの家から、貯水タンクへの階段。
高森台小学校の東に怪しげな階段。

14_2

山頂に出た。

0_5

南・東の散策路は意外と楽しめた。
これらのコースを組み合わせて周遊コースにすることもできる。

周囲が宅地開発され、小さくなってしまった山だけど、
低山歩きの醍醐味の片鱗くらいは味わうことができそうだ。

2011年3月20日 (日)

西高森山(にしたかもりやま) 214.7m

春日井市の野外教育センター(都市緑化植物園+少年自然の家)に隣接する県有林は、
環境保全林野地「みろくの森」となっている。

0_2

このみろくの森にある、東西2つの散策路のうち、
東のみろく山コースはは弥勒山へ通じる人気のコース。
今回は午後から雨の予報なので、短時間で回れそうな西高森山コースを回ってみた。
なお、詳しいルートマップは春日井市少年自然の家のwebサイトにある。

野外教育センター第3駐車場に車を停め築水池に降り、コースを時計回りに。

7

築水池の堤からの愛岐三山。

1

コースを外れて、矢印方向に左折。

2

湿地。

3

4

頂上の三角点と「西高森の小屋」。

6_2

小牧山。

5_2

お約束の名駅周辺の高層ビル群も見えた。
中央のエスケープコース?で駐車場に戻る。

野外教育センターの案内板。

0_3

少年自然の家の展望台に寄ってみた。

8_2

向こうの山の鉄塔のあるあたりが、西高森山頂上。

9_2

西高森山というからには、東高森山、あるいは本家高森山があるのだろうか。
東には愛岐三山あるし、南に見えるあの山がそうなのだろうか?

10_2

だったら、西じゃなくて北高森山だしなぁ。

2010年5月30日 (日)

高座山(たかくらやま) 194m

JR中央線の車窓からいつも気になってたんですよ。子供の頃から。

頂上まで一直線に木が伐採されてる妙な山を。

なんとなく、自衛隊の施設だとは思ってました。

実際、その山は航空自衛隊高蔵寺分屯基地内にあって、

普段は近寄ることもできません。

でもね、あるんですよ。登れるチャンスが。

年に一度の基地の開庁記念行事で、

山が一般開放されているんですよ。

新聞の地元地方欄や自衛隊関係広報誌なんかではお知らせしているとのことで、

ネットに情報は出てこないけど、

基地に直接問い合わせたら、今年は5月30日でした。

今年は開庁52周年だそうです。

グラウンドの特設駐車場に車を停め、基地に向かいます。

00

緊張しながらゲートを抜け、受付。番号札を渡されます。(帰りに回収)

01

厳重な警備。自衛官が随所に立ってる。

04

中盤からけっこう急登。

02

謎のセンサー。

05

弥勒山とか。

06

舗装路歩きだが、基地なのが幸いして、自然の森が残されている。

山頂から、御馴染み名古屋市街。

007

濃尾平野の端なので、景色を遮るものが何もない。

フルーツパーク。

08

陸自の展示。

09

名古屋市最高峰w。東谷山。あっちのほうが4m高い。

そして、愛知環状鉄道。

手前に数年前の山火事の跡。まだ生々しい。

10

元レーダー棟屋上が展望台として開放。

ミサイルや戦時中の資料などの展示も。冷茶サービスもあり。

15

狭い階段を登り、屋上へ。

条件がよければ、白山や中央まで見える。らしい。

13

米軍が設置した旧レーダー塔(手前)。向こうに小牧山。

14

JRから見えてたアレ。

20

パイプは消火栓用の水道管のようです。

ほかにも消防隊の消火演習とか、サービス満点。

基地内なので、樹木の防疫とか様々な業務があるようです。

高低差約160m、全長約1.3km。

ほぼ直登で、けっこう歩き甲斐がありましたよ。

ちびっこ連れのファミリーや、山好き中高年や、

ミリヲタやミリヲタやらで妙な賑わいのイベントでした。

でも、こうして平和にハイキングができることの、なんとありがたいことか。

麓からの高座山。

16

今度は水晶でも採りに行こうかな。

あ、エシュロンとかに傍受されてるんでしょうか、このブログも。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック