岐阜県を登る

2016年11月23日 (水)

東濃いっき巡り

東濃5市の主要スポットを一気に駆け巡りますよ。

陶史の森 雲五川せせらぎ公園(14P)

00

道の駅 土岐美濃焼街道 どんぶり会館(18P)

01

下石窯元館(12P)

02

明治座(47P)

03

なにやらハイテクな演出の仕込み中。

05

亡き勘九郎。

06

その他、文化財に落書きする文化人たち。

07

幼少のころ、近所にまだ残ってたけどな。

08

09

奈落。

10

11

熊谷守一つけち記念館(48P)

15

雨乞棚とか。

13

紅岩山荘(49P)

16

恵那峡(遊覧船乗り場)(32P)

14

セラトピア土岐(20P)いつもより月がちょっと大きめ。

18

穴弘法(18P)

19

20

多治見モザイクタイルミュージアム(3P)

21

かさはら潮見の森公園(8P)

22

市之倉 さかづき美術館(4P)

23

廿原町(廿原ええのお)(9P)

24

虎渓用水公園(5P)

25

本町オリベストリート(6P)

26

虎渓山 永保寺(1P)

27_2

たかた・おなだオリベストリート(斧研橋)(10P)

28

こども陶器博物館(2P)

29

美濃焼伝統産業会館(16P)

30

多治見市 美濃焼ミュージアム(7P)

31

テラスゲート土岐 まちゆい(11P)

32

曽木公園(13P)

33

世界一の美濃焼 こま犬(25P)

34

道の駅 おばあちゃん市・山岡(37P)

35

山岡駅かんてんかん(36P)

36

37

岩村城下町(35P)

38

39

道の駅 ラ・フォーレ福寿の里(38P)

40

日本大正村(40P)

41

42

くしはら温泉 ささゆりの湯(39P)

43

世界一の大皿「瑞祥」(26P)

44

織部の里公園(15P)

45

道の駅 志野・織部(17P)

46

鬼岩公園(24P)

47

蓮華岩からいつもの風景。

48

美濃歌舞伎博物館「相生座」(23P)

49

ついでに。

50

中山道 細久手宿大黒屋(22P)

51

中山道琵琶峠(21P)

52

中山道 大湫宿 神明神社(30P)

53

竜吟峡(27P)

54

坂折棚田(31P)

55

光る仕掛け。

56

常盤座(50P)

57

58

農産物等直売所 きなぁた瑞浪(28P)

59

ボンネットから湯気が。クーラントリザーブタンクがこの有様。

60

道の駅 らっせいみさと(34P)

61

恵那山荘(33P)

62

落合宿(本陣)(43P)

63

馬籠宿(水車小屋)(44P)

64

道の駅 きりら坂下(45P)

66

夕森公園(竜神の滝)(46P)

67

苗木城跡(42P)

68

にぎわい特産館(41P)

69

化石博物館(29P)

70

50か所コンプリート。
なお、ポイントは関係ない。

2015年10月11日 (日)

南宮山(なんぐうさん)

垂井町の南宮神社から、関が原の戦いで毛利が陣を敷いた南宮山へ嫁(歴女)と。

00

01

02

03

04

安国寺恵瓊陣跡。

05

06

07

08

竪堀とか出てきて陣跡っぽくなる。

09

毛利陣跡。

11

17

10

視界が悪いけど、合戦当日もこんな感じだったのかも?

12

西進して山頂。

16

二等三角点「牧田村」

13

14

15

西廻りで戻ります。

18

そこら中、鹿だらけ。

19

20

21

22

23

Log

関ヶ原では合戦祭り開催中。

30

関ヶ原鉄砲隊。

31

笹尾山から狼煙が上がる。

32

イケメン三成。

34

歴女に大人気、吉継。

33

サービス満点、家康。

35

2015年9月27日 (日)

愛宕山(あたごやま)

下呂市立金山小学校校歌に歌われる愛宕山。
1年生はココに登るんだそうです。

小学校体育館脇の墓地の端から、

01_2

02_2

金比羅神社。

03_2

獣害よけネット沿いに道。(左折でショートカット可)

04_2

見晴台。

05_2

ダム放流サイレンかな?

06

07

愛宕神社。

08

09

愛宕山の山頂なのに、山頂の秋葉神社。

10

アタックコースにアタックしてみる。

11

12

13

中学校体育館の裏に。

14

15

金山長福寺から南の、

00_2

悟りの道。

16

17

悟りの道終点は、

18

金比羅神社のすぐ近く。

19

ネットは開けられる構造だけど、余所者だからよしておきましょう。

Atago

鎮守山(ちんじゅやま)

金山小学校の西。

03

観音堂。

04

飛騨のヒーロー両面宿儺。

00

01

坊山のアンテナ。

02

南側。

05

麓でRCに興じるちびっ子に訊いたら「ちんじゅやま」と教えてくれた。

Tinnju

丹生川から、よりによってなぜココに?>リョウメンスクナ。

坊山(ぼうやま)

下呂市立金山小学校校歌に歌われる坊山。
児童は御嶽登山のトレーニングをココでするのだそうです。

国道41号線と256号線が交わる下妙見町交差点の南、
デイリーヤマザキとゲンキーの間の、ラーメン屋と整体院の間が登山口。

00

01

02

03

04

05

06

金山の町並みと三棟山。

07

三棟山のテッペン。

08

坊山山頂(503P)の

09

飛騨金山テレビ中継放送所。

10

下呂市防災行政無線坊山中継所。

11

12

13

尾根を西進してみます。

14

565.9Pの三等三角点「長洞」。

16

悠遊クラブ。

15

急斜面を下って、

17_2

18

三ツ谷林道、中坂峠。

19

車道歩きで戻る。

Bouyama

2015年9月23日 (水)

湯ヶ峰(ゆがみね)

ソース(下呂市ウェブページ)

三国山を下り広域林道下呂荻原線を北上。

00

02

ファミリーコースの雰囲気じゃない。

03

04

05

06

07

08

15

10

三等三角点「小川」

09

三角点の脇から南へ。

11

左折。

12

湯壷跡。

14

作業路歩いて帰る。

13

Yugamine

2015年9月20日 (日)

百々ヶ峰(どどがみね)

長良川河畔のBBQ会場に娘をデポして、

00_2

ながら川ふれあいの森三田洞駐車場から、

01_2

なぜだか嫁の憧れ、百々ヶ峰へ。

02_2

03_2

休憩所。

04_2

天王山とか。

05

尾根を進んで東海自然歩道に合流。

06

07

鉄塔のある権現山。

08

下って、井戸のあるトイレ。

09

車道から登り返す。

10_2

Googleマップでは無名峰のままの百々ヶ峰(東峰)山頂。

12_2

三等三角点「百々ヶ峰」

11_2

13_2

展望台から、

16_2

対岸の金華山を見下ろす。

15_2

河原のBBQ会場。

14_2

百々ヶ峰西峰って洞山っていうの?真福寺山っていうの?

17_2

元、百々ヶ峰の四等三角点「下岩崎」

18_2

19_2

中電六本松反射板まで足を伸ばす。

20_2

22_2

伊吹山に日が沈む。

23

トイレ専用船?

24

ログ。

Dodogaminelog

Chikei_2

2015年8月 1日 (土)

乗鞍岳(のりくらだけ)

大人気観光地に嫁と。

自宅を10時に発ち、午前3時ほおのき平駐車場に明かりが灯る。

00

定刻より15分繰り上がり、3時30分にバス出発。

01_2

里見岳の上に、数年ぶりのブルームーンとなった満月。

03

浅間山からうっすら噴煙。

04_2

中央の向こうに南ア。

05

明るくなってきた。

08

大黒岳山頂から、浅間山の左にご来光を拝む。

09

剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳・摩利支天岳はモルゲ(略)

11

富士見岳山頂から。富士山は確認できず。

12

貧脚が幸いして貸切状態の道。

13

権現池と白山。

14

蚕玉岳から剣ヶ峰。

15

蚕玉岳から朝日岳。

16

17

蚕玉神社は倒れてた。

18

蚕玉岳から。
殆どの人が気づいてなかったけど、北岳と仙丈ヶ岳の間に富士山が見えて大満足。

19

拡大。

20

「左頂上小屋営業中」

21

頂上から御嶽山。ただの雲を噴煙と勘違いする人々。

22

乗鞍本宮。

24

一等三角点「乗鞍岳」

25

嫁の心の故郷、劔とか立山とか。

26

穂高方面。目の前に焼岳。

23

これでも営業中の頂上小屋。何やらインターバル撮影中。

27

不消ヶ池からの恵比寿岳。

28

緑一面のお花畑と富士見岳。

30

バスターミナル横の魔王岳。階段が目茶苦茶堪える。

31

魔王岳から穂高連峰。単眼鏡で岳沢の小屋が見えた。

29

穂高、めっちゃカッケー。

Log_2

2014年11月22日 (土)

箱岩山(はこいわやま)

白草山との分岐。

10

登山道から振り向く。(小秀山・前山・三国山・白草山)

08

雪が残る道を抜けると、

07

静かな山頂。

04

三等三角点「箱岩山(はこいわやま)」

03

白山。

05

高森山への道はこの状態。行ける気がしない。嫁もいるし。

06

乗政大滝に寄ってみる。

09

大滝って呼ぶにはちょっと。

Log

白草山(しらくさやま)

御嶽の大展望でお馴染み。

11月22日は「いい夫婦の日」、嫁と超オーソドックスな乗政から。


01.jpg


02.jpg


黒谷林道を歩いて登山口。


03.jpg


尾根に上がると視界が広がる。


04.jpg


箱岩山が見えてきた。


05.jpg


白草山が見えてきた。


06.jpg


07.jpg


あぁ、岩が三つだな。


08.jpg


箱岩への分岐は凍ってた。


09.jpg


10.jpg


分岐を過ぎるといきなりこの景色。


11.jpg


噴火口辺りは火山灰色。


12.jpg


三ツ岩を見下ろす。


13.jpg


名駅が見えた。


14.jpg


山頂。


15.jpg


今回はマカロニを増量してみた。


16.jpg


17.jpg


景色に見とれて確認しそびれた、御料局三角点はこの看板の足元?


18.jpg


三国山の向こうに小秀。


19.jpg


まるで槍のような笠ヶ岳。


20.jpg


槍は乗鞍の西に(思いの外、黒い)


21.jpg


24.jpg


白山方面。


22.jpg


乗政を見下ろす。


23.jpg


弊社山岳部の部長は酷評していたけど、この山に何を期待してたんだろうか。


log.jpg




2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック