可児市を登る

2015年11月 1日 (日)

前山(まえやま)

点の記コースは一般人にはハードル高すぎなので、地形図の「道」を辿ってみる。

00

コレは楽勝w。と思ったら、程なくして道はほぼ消滅。

01

ヤブをかき分け、山頂。

03

すぐ際まで開発済み。各務山の東斜面が見える。

02

三等三角点「前山(まえやま)」

04

何の「前」か気になるけど。

Log

2015年2月15日 (日)

可児高根山(かにたかねやま)

浅間山の東、318Pをそう呼ぶらしい。
道がわからないけど、とりあえず富士カントリーの美濃コース入り口から西へ。

00

なにやら、西へ伸びる階段。

01_2

可児市大平簡易水道浄水場。

02_2

05

浄水場からさらに西へ。

何もない318P。

03

山頂から少し東に御嶽神社。

04_2

集落からの参道があってもよさそうなもんだけど。

Log

2015年1月24日 (土)

地蔵山(じぞうやま)

可児市桜ヶ丘に辛うじて残された小さな山。
地元では地蔵山と呼ぶらしい。

01_4

偶然にも縁日だったので少し賑やか。

05_3

02_4

04_4

山頂の東屋。

03_3

Log_2

http://park.geocities.jp/zizo_yama/

2014年5月10日 (土)

鳩吹山(はとぶきやま)

久々に、大人気の鳩吹山へ。嫁と。

真禅寺口Pは大混雑。

01_2

林道を進んでゲート。

02_2

西山口。

0003

下界からカネの匂いが湧き上がってくる。

04_2

06_2

山頂のアンテナ。

05_2

07_2

08_2

09_2

10_2

11_2

御嶽と乗鞍。

12_2

白山。

13_2

名古屋市街。

14_2

薄っすら、中央。

15_2

16_2

17

真禅寺口へ。

18

19

今なら半額。

20

山中は火気厳禁なので、桃太郎公園へ移動。

22_2

231_2

何度来ても、和む。

24_2

東濃が産んだ異才、浅野祥雲(1978年没)作コンクリート像。
以前は全身ピンクだったけど、最近塗り替えた?
(保存活動はありがたいけど、ちょっと、ふざけすぎwww)

25_2

RAW現像してみる。

26_2

WBはオートじゃダメだな、と痛感した。(露出補正もね)

Log

2013年1月31日 (木)

絵図ヶ峰(えずがみね)

迂闊だった。
可児市最高地点は浅間山だと鵜呑みにしていた。
(まぁ、無名峰を除けばね)
float cloudさん情報の「絵津が峰」、二等三角点「久尻」の方が高いじゃん!

五斗蒔から。

30

県道84号線沿いの林道黒岩線終点ゲート。

31_3

左手の青テープから道が。

32

まさかの道標。

33

丸山で見かけたのと同じものですね。

34

ここはしっかり「二等」。

35

保護石は9個のはずなんだけど、なんだか多い。

36_4

尾根道はさらに久尻十三号山へ続く。

途中、林道から。

37

38

39

Kusirilog

点の記では「くじり」じゃなくて、何故だか「くしり」。
登山口、三角点所在地の都合上、カテゴリーは可児に。
これで、土岐市二等三角点制覇。

因みに「絵図ヶ峯」は麓の多治見市小名田町の地名。
多治見側の呼称なのかな?>絵津が峰

2011年9月26日 (月)

金山城跡(かねやまじょう) 280m

古城山のほぼ山頂まで車道が通るけど、蘭丸ふる里の森第二駐車場から。

01_2

00_2

大堀切。

03_2

08_2

09_2

10

11

12

13

本丸の鳥龍神社。

14

宮三角点。

15

16

17

18

19

米田白山の東に馬串山。遠く霞んで鳩吹山、猿喰城も。

20

久々利城跡(くくりじょう) 約190m

こどもは運動会の代休。オレは夏季休暇の消化でヒマ。
いつも素通りするけど、県道84号線沿いの看板が気になってたので、
行ってみた。

可児郷土歴史資料館北。

00

01

遺構っぽいぞ。

02

03

04

05

06

07

本丸から。

08

000

2010年12月12日 (日)

明智城址(あけちじょう) 175.17m

恵那の明智城に引き続き、今度は可児。
一応、こちらは幾分かは光秀との縁がある可能性が高いといわれている。
城の麓にある、日本一大きな光秀の位牌のある天龍寺。
でかければいいというものでも(略)。

1

向かいには、モリゾーとか。

2

天龍寺の西の明智城址公園。駐車場有。

3

大手口。

4

5

大手門をくぐり、石畳の道を登る。

0

実は、頂上まで車道が延びている。わかってはいたけど。トイレもあるし。

6

本丸跡。もともと天守はなかった。

7

本丸の展望台。

8

御嶽山もチラッと。

9

最高所には三角点がありました。

10

トラ柵を超えw、西大手門ルートで下ると、光蓮寺の脇。
光蓮寺の前にもトイレあり。

2009年10月25日 (日)

浅間山(せんげんやま) 372m

土岐市の丸山に続き、本日2峰目。可児市最高峰である。

県道381号線を走行中、「不動明王の滝」を見つけたので、寄ってみる。
岐阜県の名水50選だとか。

1_9

看板の奥の沢沿いの道を行くと、寂れた雰囲気の所へ。

2_8

小さな滝だけど、なにやらパワースポット的なオーラが。

4_8

なんだか怖い。いくら霊験あらたかでも、この水には触れん。

3_8

ここから浅間山へ登れるようだが、県道へ戻り、看板に従い、林道浅間線を進む。

5_7

浅間神社参道。展望台まで20分。

6_8

浅間神社の鳥居前。この右手から展望台へ行ける。
ここまでアドレスで来たが、林道はものすごく荒れてるので、
よい子は絶対に真似しないように。

7_8

浅間神社。

8_8

神社前の方位盤。

9_7

神社から展望台へ。

10_5

展望台。多治見方面。

12_3

さっき登った丸山が見える。

11_4

裏参道は北側の眺望がいいらしい。
そういえば神社の北側に道があったな。

単車使用で参道入り口から山頂まで往復30分。
かつて女人禁制だった雰囲気はどこに。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック