« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月27日 (火)

中華DACと中華アンプとSPキット

某量販店で聴いた、DALI OPTICON1が奏でる、
ハイレゾなノラ・ジョーンズの声が頭から離れない。
んで無性にSPが欲しくなった。それも小口径のフルレンジ。
499円のクーポンがあったので、NFJのSPキットをポチる衝動を抑えきれなかった。

03

小っちゃくてもアルテック。つか、アルテックでこのサイズ。
どちらでもいいけど、もはや「あの伝説の」ランシングではないので、
過大な期待は寄せない。
とはいえ、
かつて使ってた、DELL-PCのSPがアルテック・ランシングだったので、
音色はよくわかってるつもり。

10

まあ、こういうのの中身の流出品なんでしょうかね>ユニット。

04

プレカットされたMDF材を木工用接着剤で適当に張り合わせて、
エンクロージャの完成。

05

記念にランシングonランシングにしてみる。

06

中華USB-DAC(MUSE Audio PCM2704)から、

09

SONY RK-C305(製造中止)で中華デジタルアンプ(LEPY LP-2024A+)に。

07

出てきた音はクリアかつストレートかつパワフル。
落雷でHDMIが死亡したAVアンプでサブウーファを駆動して、
2.1chにしてみた。
DALIに及ぶべくもないけど。
DAC+アンプ+SPで1万円でおつりが出る価格を思うと、超ハイコスパ。

普通にバスレフで2.5インチユニットから豊かな低音が出るわけないけど、
グライコで補正したら、
ニアフィールドで使う分にはサブウーファなくても意外と十分な感じ。
もともとそれ用のユニットでしょうですし。

08

16センチも余裕でドライブ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック