« うさぎ岩 | トップページ | へんび岩 »

2011年3月11日 (金)

品野城(しなのじょう) 約330m

サンライズ出版刊 「愛知の山城ベスト50を歩く」。
書店で見かけたので買ってみた。山城歩きの参考書として面白そうだ。

あとがきを読むと、瀬戸の品野城を選外としたとある。
なんでも、東海環状自動車道に遺構が分断されて行けなくなってしまったらしい。
これは、なんと言うことか。

本当に行けなくなったのか、どのように分断されてしまったのか。確かめてみよう。

瀬戸市上品野町、
国道363号線の瀬戸市コミュニティバスのバス停、上品野と上品野口の間にある、
上品野稲荷神社。ここが登城口になる。

0_4

国道沿いに鳥居があるよ。

駐車スペースはない。バス停は上品野口が近い。

0_5

閑静な境内のようだが、山の南側はすぐ高速道路。車の走行音がけっこう賑やか。

0_2

昭和なセンスが泣かせる。さて、城へはどうやって?

0

境内の西側から山中へ道があるので行ってみた。
堰堤を降り、沢沿いを進むと東海環状の高架下に。

0_3

斜面を登り、高速道路脇に出ると、北側の神社方向からの道と合流した。
一度、神社まで降りてみる。

1_2

灯篭のすぐ裏の道は急。写真左手の掲示板裏から行くのがいいだろう。
登りなおす。

0_5

尾根が分断された秋葉山。
高架を潜ると、

1_3

多数のビブラムソール風の足跡が。

2

結構、人が来ているみたい。高架の先に道が続く。

3

獣害よけの柵を跨ぐ。

0_6

細い道が続くが、途中から登城道らしくなってきた。

1_4

山頂風景。秋葉神社が奉られている。

2_2

遺構の一部が破壊されたとはいえ、

神社から山頂までのルートが確認できた。

さらに南方面へ進むと堀切が。道は堀切の先へも続いている。

主尾根へ出ると、明瞭な道と合流。

合流地点の木に黄と白のテープがある。

0_7

左折してみる。

0_9

鉄塔の巡視路と合流。NO.161方面へ。

0_8

161号鉄塔。道はこの先も続く。岩巣山へ通じてるのかな?

平成22年10月に改修されたばかりのピカピカ社殿。

0_10

神社の東隣にも、高架を潜り山頂南の堀切に通じている道がある。

1_5

品野城攻めのために信長が城を築いた五輪山も気になるね。

« うさぎ岩 | トップページ | へんび岩 »

瀬戸市を登る」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
品野城登ってきました。
このサイトが大変参考になりましたので、私のブログ(下記)に勝手ににリンクを張ってしまいました。
お許しいただきますようお願いします。

http://ameblo.jp/baseballnovel/entry-12153566654.html

お役に立てたようで何よりです。
リンクは勝手に貼るものだと思ってますが、ご連絡ありがとうございました。
折角のご縁なので、相互リンクしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 品野城(しなのじょう) 約330m:

« うさぎ岩 | トップページ | へんび岩 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック